2015年04月26日

新緑の季節

こんにちは!オリーブです!

桜が咲き始めた〜って思っていたら
いつの間にか散ってました・・・
なんか乗り遅れた感のあるオリーブですが

これからは新緑がさわやかな季節になります
私の大好きな季節になります

木々が芽吹いて、太陽の光に若葉がキラキラして
風はさやさやと新緑の香りを運び
かっこーの鳴く声で目覚める

な〜んて素敵な季節なんでしょう

八幡平市はそんなところです

大自然の中に身をおくと、自然と一体となり心が癒されるのです

ゴールデンウイーク(もう突入の方もいますね)どんなふうに過ごしますか?

まだ決めてないという方はぜひ、自然と温泉の町 八幡平市へお出かけください

そして
美容室オリーブは、ゴールデンウイークも通常営業いたします
ご利用くださいませ

オリーブ店長

posted by オリーブ at 17:14| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

美容室の定休日って・・・?

お客様から、よくこんな質問を受けることがあります

「なんで、美容室の定休日って月曜日なの?」
岩手県は月曜定休のお店が多い
ちなみに、私は東京で修業時代を過ごしましたが東京は火曜日定休が多かったです

「組合の関係ですか?」とも聞かれますが
そういうわけでもなさそうなんですよね・・・
何だかはっきりとお答えできないでいました

ネット検索していたら・・・ありました

それによると

昭和16年 太平洋戦争以前より電発パーマが主流となっていた頃
日本では戦争への突入で物資の節減が義務付けられるとともに「贅沢は敵だ!」という声が上がっていました
当時大流行の「電発パーマ」 その名の通りこのパーマは電気を使うのが特徴
それなのに電気を節減するとは・・・それでは美容室の営業ができないになってしまいます
美容室に限らずいろんな仕事が止まってしまうことになります。
そこで、国が考えたのが1週間のうち1日だけ電気を使うのをやめるというものでした。
ただ、日本全国一斉に電気を止めるというには無理がありますよね
そこで考えられたのが
北海道電力は日曜日
東北電力は月曜日
関東電力は火曜日
近畿電力は水曜日・・・
というように、各地域ごとに電力を止める日を設定しました。
つまり、これが美容室の定休日の始まりというわけ
そのなごりで、関東地域は今でも定休日が火曜日となっているようです
他の地域は、大体が統一され月曜日が定休日となっているところが多いようです

へー!へー!へー!ですよね

長年の疑問が解決できましためでたし めでたし

それにしても1週間のうち1日だけ電気を止めるっていう国の策、苦肉の策だったのでしょうね・・・

電気なくして今の美容室は成り立たないくらい電気を使うものが多いです
電気のあり方を考えなくてはならない今
未来に向けて、電気をどのように作るのか?ってことを考えていかなくてはならないですね

お店の屋根の上に風力発電やソーラーパネルつけたりって考えなきゃいけないかなあ・・・

お店の前を流れの早い用水路があるから・・・水車つけて水力発電????

最近じゃあ車が電気を作り供給する時代ですから

ルームランナーに発電機?

一日何度か自転車こいで発電する=発電ダイエット?・・・(なんか矛先がずれた・・・)

・・・

オリーブ
posted by オリーブ at 18:33| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

桜さく

本日盛岡城址公園の桜が咲いたという気象台からの発表がありましたね〜
例年より13日早いとか
長〜い冬を過ごしてきた岩手人にとっては、桜が咲いたという便りは本当にうれしいものです。

私が住んでいる八幡平市では、桜の名所がいっぱいあります
大更小学校の校庭の桜
大更郵便局はす向かいに咲く一本桜枝っぷりがいい
フーガの広場の八重桜
いこいの村に上る沿道に咲く八重桜
西根中学校前沿道の桜並木
田頭城址跡公園(通称立山公園)の桜
国際交流村に続く桜並木
上房牧野にたたずむ一本桜
八幡平アスピーテラインのぼり口にある桜公園
旧松尾村かしわ台に続く沿道の桜(明治百年記念造園地)
安代方面田山地区の稲荷神社付近の桜・・・などなど

明治百年記念造園地についてのお話
1969年に明治百年を記念して
旧松尾村寄木の国道23号線沿道2Kmにわたり桜を植栽しました
桜が咲く4月末から5月初旬は、岩手山、八幡平の山々には残雪があり
桜のピンクと残雪の白が美しい風景を見せてくれます
実は、私この場所はよく知っていますが、「明治百年記念記念造園地」という名称がついていることをつい最近知りました
桜が終わる頃にはつつじが咲き、車の窓を開けて走ると花のあま〜い香りがしてきます
とっても、気持ちのいい場所です。

旧松尾村では、村制百周年の時にも、村内全体に4万本の桜が植栽されたとか
松尾地区は桜のテーマパークのように、あちらこちらで桜が咲き
写真を撮られる方にはたまらない風景かと思います
桜の季節、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
八幡平アスピーテラインの雪の回廊も見事です

ちなみに私がノスタルジーを感じる大好きな風景があります。
それは、美容室オリーブからほど近い花輪線大更駅付近に咲くこぶし桜です
このこぶし桜、みごとな巨木で毎年真っ白な花を咲かせます
こぶしの木の根元には小さな祠があり、杉の木と合体したような形でそこにあります。
何ども写真を撮るのですがうまくいかず、今年もチャレンジしてみようと思っています
大更駅方向に向かい夏間木踏み切り手前から花輪線のディーゼル列車が走る姿とこぶし桜を入れた構図
mmm・・・とってみたい

でわ
花見じゃ

オリーブ


posted by オリーブ at 17:26| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

4月1日春が来た

今日は4月1日(しがつ ついたち)
4月1日と聞いてふとこんなことを思いました

四月一日・四月朔日と書いて(わたぬき)と読むのですが
その昔、冬の間に防寒として着物に詰めた綿を旧暦4月1日に抜いていたことから
四月一日(四月朔日)」と書いて「わたぬき」と読むのだそうです

このことからも、4月1日は、春がきたって感じでしょうか?

桜前線に乗って桜が北上してまいりますが
東北の桜はまだまだ先のこと
それでも、西の方から桜の便りが届くとわくわくしてきます。

八幡平市には、岩手山という山がありますが
私たちは、この山の雪どけの具合で春を感じるんです
「南部かた富士」とも呼ばれるこの山は、八幡平市松尾地区から見る姿と、盛岡の開運橋から望む姿では真逆の形をしており、どちらも雄々しい姿をしています。

ところが、八幡平市大更地区から見る岩手山、玉山区(啄木の里)から見る岩手山は、
その様子が全く違い、あの世界遺産の富士にもにた美しい姿を見せてくれます。

もう間もなく山の雪は、鷲の姿を現し、ちょうどその尾の先が大更の地に向いているからか
大更には、おいしい地酒「鷲の尾」というおいしい地酒があります
岩手山の雪解け水が田んぼを潤し、おいしいお米ができます
その米を使って作るお酒は、本当においしいのです
170年以上の歴史を持つ酒蔵から作られる「鷲の尾」
大更の宝ですね

これから、どんどんいい季節になります
自然と温泉を楽しみに、そしておいしい地酒を味わいに、八幡平市にお越しくださいね

ちなみに私は、「げこ」ですが、この鷲の尾さんのお酒だけは、おいしくいただけます。
先祖代々のDNAでしょうか

ということで「4月1日春が来た」のお話でした

桜とおいしいお酒とくれば
お花見ですよね〜
早く桜さかないかなあ〜

オリーブ




posted by オリーブ at 19:00| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。